リスクを最重要視し設計された自動売買システム!!

 

 

FX GUARDIANリスクを最重要視し、
そこから利益を最大化した自動売買システム
です。

 

巷にあるシステムは、利益を優先し、
そこからリスクを無くすように、システムを考えていきます。

 

しかしながら、FX GUARDIAN
リスクを徹底的に抑え、そこから利益を最大化するアプローチを行っています。

 

 

FX GUARDIAN逆張りを中心とした取引をしているため
大きな値動きに弱いという点が挙げられます。

 

この点を解決するために比較的に値動きが安定している
ドル円とユーロドルを中心としたトレードが行われます。

 

この2つの通貨ペアですが取引量が他と比べて大きいため、激しい
値動きが起こりにくく安定感が高いため、比較的リスクを制御しやすい通貨といえます。

 

 

市場の値動きは上昇より下降のスピードが速いと言われています。

 

弱点は大きな値動きであるため、買いポジションを持ったまま、
2008年に起きたリーマンショックのような
下落が起こってしまった場合は即破綻となってしまいます。

 

こういった急激な相場の動きの中でも
極力リスクを排除するために「売り」中心の取引を行います。

 

 

月利については平均で15〜20%を出しています。

推奨される証拠金は20万円以上ですが、 これについては10万円でも運用可能です。

 

 

相関関係とは通貨ペア値動きの親和性を示したもの
ですが、ドル円とユーロドルはこの関係が高いため、
この点からも、2通貨ぺアを採用しリスク回避を狙っています。

 

傾向としてはドル円が上昇する場合、ユーロドルは下落します。
要は反対の動きをしやすいということです。

 

例えばドル円で売りポジション保有時に値上がりした場合、損失は大きくなります。

 

ドル円が上昇しているということはユーロドルは下落する可能性が高いわけだから
ドル円とともに、ユーロドルの売りポジションを持つことで、ユーロドルのもたらす利益によりドル円のマイナスを減らすことができると考えるわけです

 

逆にユーロドルは買いポジションをもってしまうと、
ユーロドルのポジションでも損失が膨らんでしまうため、
まったくリスク回避に繋がっていません。

 

両方の通貨ペアとも売ることに意味があるのです!

 

相関関係の観点からも、ドル円の売りとユーロドルの売りを
中心とした取引をすることでリスク回避
につながっています。

 

他にもリスク回避の仕掛けはたくさんしていますが、
主要なポイントを説明させていただきました。

 

リスクを第一に考え、その上で
利益を最大化するように設計し、
安定的な収益を可能としたものがFX GUARDIANです。

 

 

約20秒で申し込み完了!
システム申し込みはコチラ